ガール<シナモン<レディ

ざんねんながら、メルヘンでしか、生きられない。スウィートスパイシーなシナモンワールド。

3♥︎︎色気のある文章

色気のある文章について、考えた。

 

江國香織さんの文章は、色っぽい。

艶めいている、と思う。

直接的にセクシーなことなんて、書いていなくとも。

 

逆に、学校の先生のような、色気とは無縁な文章を書く小説家もいる。

 

村上春樹、は、こじれた色気という感じ。ちょっと平時から色気ムンムンすぎて、お腹いっぱいみたいな。

 

よしもとばななさんは、色気という感じではない、はずなのに突如としてそこはかとないエロスを感じたりする。

 

もう、とにかく一つ言えるのは、その空気感、温度、その人にしか書けない。絶対に。ということ。

 

同じ、日本語を紡いでいるというのに。

不思議でそして、励まされる。

 

 

わたしの文章についても、考えた。

艶めく文章を書けていたらいいなと、思う。

狙っては、書けない。断じて。

 

仄かな色気を感じ取ってくれる人がいたら、この上ない。

だから嘘なく仄かに色っぽくあること、年齢と経験を着々と重ねてゆくこと。

すべてが伝わる、伝わってしまうと、肝に銘じておくこと。

 

今のわたしにしか書けない文章

1時間後のわたし

1週間後、1年後、

10年後のわたしの文章

 

その時々の空気感世界観を、100パーセントで綴りたい。