ガール<シナモン<レディ

ざんねんながら、メルヘンでしか、生きられない。スウィートスパイシーなシナモンワールド。

9♥︎︎インフルエンサーマーケティングの罠

雨の中を歩きながら、インフルエンサーマーケティングについて考えていた。

 

どうして私たちは(わたしだけ?)

テレビCMで百点満点の笑顔でこちらを見つめるタレントを見たら

(ああ、これはCMなのね)

と思い、商品への興味は話半分くらいで聞いておくのに、

 

ひとたびタレント自身のSNSでそれが紹介されると

その人が本当にそれを愛用しているかのような、錯覚に陥ってしまうのだろうと。

 

もちろん、わかっている。

ステマ事件があれだけ騒がれた後だし、

所詮はPRなんでしょうよ、ということも。

(さりげない#PR の破壊力ときたら。)

 

それでもなぜか、心のどこかでは信じたい。

それが純粋な善意の紹介であるのだと。

 

しとしとしとしとしと。

雨は全く止む気配がない。

 

そもそも、、、、

そのようなインフルエンサーマーケティングをしている会社にわたしは好感を持てない。

 

それでも商品やブランドの認知という点で、それが未だに有効な手法であることは認める。 

 

そして、いくらいい商品、サービスを作ったところで、知ってもらわなければ何の意味もないということも。

 

うーん、考えても結論なんて出ない。

なぜならこれってきっと、好みの問題だから。

 

わたしは好きじゃない、苦手。

それでいいじゃない。

 

そう思うと少し、すっきりした。

心なしか雨の勢いも弱まったような、気がしたわ。