ガール<シナモン<レディ

ざんねんながら、メルヘンでしか、生きられない。スウィートスパイシーなシナモンワールド。

8♥︎︎冬の宝本

この季節になると、必ず読みたくなる本がある。

 

こどもちゃれんじのいつかの12月号、くうまくんのおはなし。

 

読みたくなる、というか正確には『見たくなる』で、わたしはそのページを一目見た瞬間からもう、心ぶち抜かれてしまったのだ、

 

クリスマスラバーの(あえてマニアとは言わない)わたしの理想の全てが、その絵には詰まってる。

 

その絵を見るだけで、ひと冬乗り越えられるだろう。

その絵を見るだけで、一晩なら飢えをしのげるだろう。

その絵を見るだけで・・・

 

そんな、芸術作品のような本、もとい、ページ。

 

こどもちゃれんじよ!?

しまじろうの読み物よ!?

 

まさかそんなものの中に(失礼!)

何年も忘れられないほどの、作品があるなんて。

 

寒くなってくると、きまっておもい出す。

きっとあの本は、これから何年経っても、わたしの理想であり続けるだろう。

 

あの景色を、あの家々を、この目で見てみたい。

もしもあの街にモデルがあるならば、何の迷いもなく、訪れる。

 

そう、私の心を掴んでやまないのは、いつだって、人が作った建物や街の風景なのだ。(大自然、ではなくてね)

たとえそれが、架空のものであったとしても。

 

さて、今年もそろそろ、あの絵本を出してくるとしよう。