ガール<シナモン<レディ

ざんねんながら、メルヘンでしか、生きられない。スウィートスパイシーなシナモンワールド。

道端に花は落ちているのか問題。

小学生の娘が毎日のように、道に落ちていたという花を拾ってくる。

 

ある時は小さき紫が可憐なあじさい風の花、

ある時は白の一輪花、

ある時はビビッドピンクの集合体な花。

 

・・・素朴な疑問。

 

花ってそんな頻繁に、道端に落ちてるもの!?

 

もちろん、娘の発言を疑っているわけではなく。

 

出産後、子どもと一緒にお出かけして初めて、

近所に咲いていた花の美しさに開眼する、

というのはママあるある話だけれど。

 

、、、落ちてる花バージョンも、ありましたっけ!?

 

大人になるにつれ、どんどん世界は広がって来たと思ってた。

未知のものに触れ、未知の経験を重ねるほどに。

 

けれども一概にそうではない、と、子どもと接していてよくわかる。

 

彼らには彼らの世界があり

わたしにはわたしの世界がある。

それだけ。

 

お互い伝えあえば、

見える世界は何倍にもなる。

 

いつもわたしの世界を、

予想もしなかった方向へと広げてくれてありがとう。

 

娘には、感謝しかないわ。