ガール<シナモン<レディ

ざんねんながら、メルヘンでしか、生きられない。スウィートスパイシーなシナモンワールド。

書け!書くニスト。

いつから書くニストだったかって??

少なくとも、小学校6年生からは。

毎日ノートに、何ページ書いてきただろう。

今までの人生で一体、何万字、何十万字、何百万字書いてきたのだろう。

 

感じたことを書くのではなくて、

書くことによって感じていた。

 

 

 

ずうっとわたしは書くことで自己対話をしていて、

いつだってそれは、一人語りだった。

だれかに伝えるための文章じゃなくてね。

(そりゃあ、普通のライティングとか、できないわけね。)

 

書くことによって、生きていることを実感できた。

 

書くことによって、自分の人生を生きることができた。

 

 

最近のわたしは明らかに、圧倒的”書く”不足で。

何かが足りない何かが足りないと、まだ見ぬ何かを探し続けてきたけれど。

 

ええそうよ、単に、書き足りなかっただけ。

 

だったら思う存分書こうじゃないかと!

 

自分だけのノートを飛び出して、

少しだけ広い世界に向けて、

それでも一人語りスタイルは崩さずに。

 

これはわたしにとってとびきりワクワクする実験で。

 

ただ書ける、そのことを思っただけで、

視界がググンと拓けて行く様な、感覚。

 

書こう、書くわよ書くニスト。

 

もう誰にも遠慮せず

自分の世界を打ち出していこう。

 

写真なんてなくたって、わたしの世界は成り立っている。

そう、こうして書くだけで。

 

自分のフレーズで。

ただそれだけを、決めている。

 

さあこれからどんな世界が広がっていくのか、

わたし自身がいちばん、胸高鳴らせてる。

 

夏の終わりと秋の始まりの狭間の夜に。 

書くニスト♥シナモンなつみ